浮気調査

浮気相談窓口調査ナビ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一般的に不倫の証拠に使える写真というと、浮気相手と共にホテルに入る場面につきるでしょう。もちろんシロウトでも撮影はできますが、いざ写真を見るとうまく撮れていないことが少なくありません。
証拠として認められる品質のものを撮影しようと思ったら、探偵に依頼したほうが賢明でしょう。不倫された事実に気づいたときは、どうしたって頭の中が真っ白になってしまうでしょう。

 

 

でも時間の経過と共に冷静になってくるはず。

 

 

そのときは、浮気に対してどのように臨んでいくか考えましょう。

 

 

浮気はどう言い訳しようと、した人間の方に責任があるのです。

 

 

メンタル的には本当の解消には至らないかもしれませんが、精神的苦痛を伴う行為への補償(慰謝料)を要求するのは当然のことです。不倫調査の依頼を受けた探偵業者は、テレビでよくやっている探偵物のような方法でターゲットの調査にあたることもあります。
追尾調査、張り込みは基本ですし、相手の行きつけの場所や時間を割り出し、妥当であれば交友関係者に聞き取り調査なども行って精度をあげるようにします。

 

業者によっては、社外の人間にはクライアントでさえ知ることができない調査方法もあり、結構ハードな世界のようです。

 

 

 

不倫調査を頼む際は、結局のところ何を主眼に調査してもらうかをはっきり伝えることが大事です。

 

 

たとえば、不倫関係を解消させたいのか、離婚裁判を念頭に置いた不倫の証拠収集が目的なのかこのくらいは最低限、区別できるようにしておきたいですね。

 

 

その希望次第で微妙に調査内容が異なってくる場合が多いからです。浮気に走るきっかけというのは主に、配偶者との日常生活に飽きたということに集約できるようです。恋愛していたときの高揚感をもう一度得たいという衝動が結果的に浮気という形で出てくるのです。そういった事態を避けるには、お互いの話に耳を傾け、何を我慢して何を求めているのか、問題点を確認しあうのも大事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

 

 

 

◎43年の調査実績・解決実績100,000件以上 探偵業界最大手の原一探偵事務所◎

 

 

 

「浮気調査」 「人探し」 「ストーカー対策」 「いじめ調査」 などを扱う総合探偵社

 

 

 

探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上
(10年以上のベテラン調査員が多数在籍)

 

 

 

東京都弁護士協同組合の特約店
(※法廷では法律に違反した証拠は証拠としてみなされません)

 

 

 

全国主要都市に18拠点の全国ネットワーク

 

 

本社・川越

 

 

札幌・仙台・水戸・高崎・千葉・大宮(埼玉)・日本橋・新宿 (東京)・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・岡山・松山・広島・福岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.haraichi.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

 

 

 

 

初めての探偵探しに不安な方も匿名で費用見積もり

 

 

 

 

 

最初から探偵社・興信所への問い合わせに不安のある方へおすすめ

 

 

 

 

 

全国100社の興信所よりお悩みに合わせた探偵を紹介

 

 

 

 

 

他社のお見積もりより安い探偵を見つけるお手伝いも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気診断シミュレーター・匿名相談 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

http://hello-tantei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社

 

 

 

 

 

 

ネットでできる・完全無料の浮気解決シュミレーターが好評のHAL探偵社

 

 

 

 

全国無料出張・即日対応も可能

 

 

 

 

 

 

業界初の完全成功報酬・後払い支払 (初期費用0円)

 

 

 

 

 

 

相談料0円・匿名OK

 

 

 

 

 

 

調査完了後最短3日で証拠資料のお渡しも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://hal-tanteisya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS

 

 

 

 

 

 

浮気調査・人探し・いじめ調査などを扱う総合探偵社TS

 

 

 

 

TSの強みは・・・・・・

 

 

 

 

 

◎24時間365日 無料相談・見積受付

 

 

 

 

 

◎北海道〜沖縄まで全国対応

 

 

 

 

 

◎安心の料金設定(分割払い、カード払い可)
独自の調査料金体系を導入。調査は1時間単位から依頼することが可能

 

 

 

 

 

 

◎法律専門家の起用・警察OBも在籍

 

 

 

 

 

 

夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、離婚あるいは復縁までご依頼者様のお考えをお聞きし
適切なアドバイス

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所

 

 

 

 

 

 

◎全国対応可能

 

 

独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査可能

 

遠方にお住まいの方も対応可

 

 

 

 

◎相談だけでOK

 

 

 

 

◎現場で経験を積んだ調査員

 

対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び実践経験のあるスタッフ在住

 

探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキル・法律の知識にも精通

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

資格不問で採用してもらえるのが探偵社ですが、不倫調査などのように具体的な仕事をこなすには、一定レベル以上のスキルが要求されます。スタッフの育成に余念がない会社もありますが、ひどいところではマニュアルをさらったぐらいのアルバイトが現場に配置されていることもないわけではなく、気をつけなければなりません。

 

費用対効果があるプロフェッショナルが調査することが結果を出す近道です。

 

 

 

不倫行為が露見した場合、ただ単に別れるのではなく、慰謝料の発生も考慮しなくてはいけません。

 

浮気の証拠を提示されてしまえば、圧倒的に不利な立場になります。
その場合、慰謝料の相場が分かれば気も楽ですが、引越代(60万程度)からその10倍くらいまでと千差万別です。

 

払える見込みが立たないときは、支払いの分割化や金額変更を交渉することはできます。
結果、条件変更してもらえた人もいるようですよ。探偵や興信所といった調査業を始めるときは、特殊な免許資格は不要です。

 

そのかわり、探偵業の適正化のために作られたいわゆる「探偵業法」によって、少なくとも探偵業を始める前日までに、営業所の管轄となる警察署経由で、公安委員会に届け出書を提出し、「探偵業届出証明書」を交付してもらい、許認可を出してもらうことだけは省略できません。
不動産取引の免許と同じで、見やすい場所に掲示してあるはずですよ。
どの探偵社に依頼したら良いか取っ掛かりが掴めない人は多いと思います。人が動く範囲は決まっていますから、地域周辺に限って、インターネットで調べれば、数はかなり絞り込めます。
そこそこ絞り込みができたら、電話をかけて、話してみることをお勧めします。

 

ひと括りに探偵といっても結局のところ話をしてみないと、誠実そうな会社かどうかもわからないです。電話番号を非表示にしてかけることもできるのですから、まずは電話です。
一般的に不倫調査で探偵を利用するコストは高いように感じることがほとんどでしょう。

 

とはいえ、価格重視で選んでも肝心の不倫の裏付けができなければ、損失は金銭的なものに留まらないですよね。

 

理想から言えば、調査能力を第一に考えるべきですが、調査料が高額であるほど絶対的に素晴らしい調査能力を有しているかは実に悩ましいところです。

 

 

 

当人たちからすればリフレッシュやお遊びでも、妻にとっては浮気は人生を揺るがす一大事でしょう。許しがたい不貞行為をしたい放題にしておくなんてもってのほかです。

 

 

浮気の証拠といったら、やはり一番にあげられるのはスマホ(携帯電話)でしょう。メール、フリーメール、LINEその他のSNSなどで浮気相手とコンタクトをとっているのではないでしょうか。

 

 

 

調査レポートとか調査報告書と呼ばれるものは、業者ごとにスタイルはさまざまです。

 

それならみんな同じかというと、裁判や調停といった場での利用を考えているなら、証拠書類として認められるよう、良質な情報を備えた報告書でないと意味がなくなってしまいます。
自分が報告書をどのように使用する(予定)か考えた上、業者を選定すると良いでしょう。探偵業といえど競争があるのは事実で、超リーズナブルなコストテーブルやポッキリ価格で請け負う業者が増えているようです。
しかし、均一でも料金に含まれない場合は別途追加というケースもあるので、調査を依頼する前に、納得できるまで説明を聞き、あとで後悔することがないよう気をつけましょう。
自分と調査相手の情報を伝えなければ、探偵に不倫調査を頼むことはできないので、誠実な会社に頼むべきです。安いアルバイト調査員がいるところなどに依頼したら、調査能力はおろかプロ意識もイマイチで満足のいく結果が出なかったり、金銭トラブルになる危険性もあります。
後悔しないために、依頼前に情報収集を行い、信頼できる会社を選ぶようにしましょう。探偵を頼んで調査してもらう際は、その会社の評価や口コミ情報を調べることが不可欠だと思います。
悪い口コミが入っているようなところは、契約時の説明と全然違う代金を請求してきたり、いい加減な仕事で報告書をでっち上げるなんてことも、なきにしもあらずです。

 

 

 

一定以上の評価を得ている業者なら、詐欺まがいの請求に悩まされるという不安もないでしょうし、何より、良い仕事をしてくれると思います。
いざ探偵を頼もうと探してみると、想像以上の数が出てきて驚くのではないでしょうか。探すのに迷ったら、人気や評価を参考にしてみてください。

 

ちょっとウェブで調べてみると、興信所や探偵社の評判を知ることができるでしょう。自分が住んでいる近くで評価の高い業者を見つけ、話をすれば、他より質の高い仕事をしてくれて、その成果も期待できます。
困ったことにダンナの浮気は、まるで病気みたいです。

 

まさかこんなに出てくるとは。

 

入籍する前から何度も不倫していて、同時に二股三股もかけられたかと思うと生理的な嫌悪感を覚えます。くやしいですが、知る気力も起きないのが現実です。

 

 

 

男の人の浮気って限度があると思うんですよ。許したところで繰り返すでしょうし、一緒にいる意味がわからなくなったので、別居するくらいなら離婚のほうが良いと考えています。探偵社の調査代金の精算方法についてですが、規模の大きな会社ならクレジットカード(一括や分割)やローンでの分割ができるところもいくつかあります。

 

 

早く浮気の証拠が欲しいけれども代金の都合がつかないという場合は、分割払い可の業者に依頼するといいでしょう。

 

 

 

大手なら近くに営業所があるかもしれません。主人が帰宅後や休日に携帯でよく誰かとメールするようになったので、不倫もあるかもしれないなと疑うようになっても当然でしょう。相手が誰なのか無性に知りたくて(全然知らない人の可能性もありますが)隠すように置いてある携帯を見つけてチェックしてみたら、こともあろうにしっかりロックされていて、わかりませんでした。かくなる上は探偵業者に調査してもらうべきかと思いましたが、昨年バイトしたときの貯金も少ししかありませんし、いまだに踏ん切りがつきません。

 

だいたいどのあたりで浮気だというのでしょう。それは、個々の道徳意識によって異なると思います。

 

 

異性の中では常に自分を最優先しなければ浮気扱いする人もいれば、腕や体などを密着させる行為があるだけでも浮気だと認定する人もいるぐらいです。ちなみに法律の上では、肉体関係があれば不貞行為と認識されます。
穏やかな生活を送ろうと思ったら、浮気を連想させる行為やメール、SNS上のやりとりは控えるべきでしょう。
携帯電話をチェックしなくても、不倫をしているかは想像がつくものです。

 

 

例えば、遠まわしに探りを入れず、ただ質問するだけです。

 

普通のひとは何かを隠そうとしたり嘘をつくときは、カラ威張りのように不自然な態度で短く答えがちですからね。また、少し訊かれただけで、ズラズラと話しすぎるのも怪しいです。

 

 

やましいと感じていると、会話で間があくのを嫌うかのようにべらべら喋るものです。落ち着かず目を泳がせるので、見ていて分かります。

 

こちらが落ち着いているほど効果的です。探偵社に入ってくる事案でもっとも多いのは身辺調査だと思います。基本は浮気ですね。奥様の第六感的にあやしいから、自分以外に相手がいるのかどうか知りたいというものから、証拠を押さえて離婚したいといった要望まで、目的に合わせた調査を行うので費用の無駄がありません。特に、不倫の相手方に慰謝料を請求するときは、明確な証拠を得る必要があるので、専門のノウハウがある探偵を頼むのが最良の選択だと思います。

 

 

よく不毛だと言われる不倫ですが、結末も様々です。パートナーに浮気の事実をつきとめられ、家族、親族、同僚などからそっぽを向かれたり、慰謝料請求や財産分与で金銭的にボロボロになる場合もあるわけです。

 

 

また、元の鞘に収まったり、浮気を成就させて(?)結婚したりするといったケースもあります。

 

 

金銭面や精神面などで、さんざん苦労しても、不倫でハッピーエンドになることは期待するだけ無駄です。不倫関係に終止符をうたせるには、浮気の証拠をしっかり掴んで、それを元に慰謝料請求するのが驚くほど効果があるそうです。浮気相手は遊びのつもりであまり深く考えていないことも多いです。賠償を求めることで、自分たちがしたことを実感させることができるのなら、ぜひやってみるべきです。

 

普通、離婚となると、浮気経験のある親というのは子供の親権がとりにくいと思われているようです。一般論ではそうかもしれませんが、実際はちょっと違います。
基本的に親権というのは、日常的に子と生活を共にしているかとか、育児への関与といった点がチェックされます。

 

 

 

つまり、子供の生育に適した環境かを最も重要なことと考えているようです。悪質な探偵業者であることを見抜けずに利用すると、お金を無駄にするだけで済まないこともあります。事務所に相談に行った際、契約を急いだり、相談者に心理的な重圧をかけてくるところは危ないと思ってよいでしょう。

 

 

一度断ったのに、何度も電話をかけて契約を執拗に迫るのも、たちの悪い業者によく見られる傾向です。
まともな探偵社や興信所であれば、まず行わないようなことでも平気でしてくるのです。
いざ不倫調査を探偵に依頼したあと、むこうが気付くのではないかと不安になるかもしれません。ただ、調査員の技能や使用している機材等を考慮すると、調査対象にばれるようなことは、ほとんどないと思っていいでしょう。

 

 

とはいえ盲点もあって、浮気調査を依頼したあと、依頼人の「態度」に変化が表れたりすると、むこうが不審に思って用心した結果、調査がしにくくなるということならあります。

 

報告書を入手するまでの辛抱だと思い、いつもと同じように生活するようにしましょう。

 

 

興信所と探偵。実は両方とも同じ認可で行われるので、業務内容も同じだと考えていいでしょう。

 

離婚裁判などで配偶者の浮気を請求事由にするつもりなら、確実に浮気した(している)証明というのが是非とも欲しいところです。
もっとも、素人が考えるほど証拠取りは簡単なものではありませんし、そっちのプロである興信所や探偵事務所に依頼すれば、結局のところ一番ラクに確実に離婚できるのではないでしょうか。

 

 

離婚だけでなく慰謝料を要求するときだって効果を発揮します。探偵を頼んで調査してもらうときは、現金がなければ不可能というわけではなく、たとえば全国展開している大手などでは代金の支払方法にクレジットカード払いも用意しています。

 

 

クレカの利用明細の表記で探偵だと分からないようにしている会社も多いので、カードの使用明細によって調査対象である配偶者に気付かれる恐れもありません。支払いにクレジットカードを使えるところは、信販会社の審査に通っているわけですし、業者を選定する上での判断材料にもなるでしょう。

 

 

 

不倫に対して慰謝料を請求する際は時効が存在するのをご存知でしょうか。
浮気の相手が判明してから3年、さもなければ実際に不倫があった時点から計算して20年以内だそうです。

 

時効が迫っているときは裁判に訴えることで、この時間経過を止めて、時効を事実上なくすことができます。
時効になったら元も子もありませんから、その前に訴訟に踏み切るのも考えに入れましょう。だいたい察しがつくかもしれませんが、不倫関係を解消した理由として最も多く、説得力があるのが、浮気が発覚したからだそうです。

 

とはいえ、自分で浮気の証拠を見つけるのはそう簡単なことではありません。結局のところ、その道のプロである探偵に相談し、調査してもらうのが、もっとも効果的なのではないでしょうか。
そのかわり、浮気の匂いを察知するあたりまでは、一番近いところにいる人でなければできないことです。

 

ホームズやポアロは別として、探偵といえば、大抵の人が尾行を連想するのではないでしょうか。密偵という言葉があるように、相手に気づかれずに追跡しながら、依頼人の求める証拠を見つける調査です。

 

察知されることが極めて少ないよう訓練されていますが、追跡する側はターゲットの行動を先読みして予測しなければいけません。どんなに突発的な行動をとられても、最善の判断で職務を遂行するのがこの仕事なのです。念願だったパートの仕事。

 

 

子供が10歳になったのを機に始めたのですが、週一で店に来るエリアマネージャーさんに告白されて、お付き合いを始めました。

 

 

 

まあ、不倫ですよね。
ずっと家庭から出ず、まったり主婦ライフを送っていたため、外出、電話、メールが増えて、主人はすぐ気づいたようで、先方の奥さんや勤務先の知人などから裏付けをとられ、私のほうは慰謝料請求された上、離婚する羽目になってしまったのでした。

 

単純作業に思われがちな浮気の尾行というのは、相手と近い関係であるほど尾行自体がバレやすく、さらには感情の昂ぶりから相手やその関係者とのトラブルに発展する可能性も想定しておかなければいけません。
探偵社に頼めば、追尾や浮気の証拠集めに必要なノウハウも機材もあるので、自分や知人などが調査するより確実に目的を完遂することができるでしょう。裁判等の証拠で使いたいなら特にプロに任せるべきです。夫の浮気って、妻なら日常に気をつけることで防げると思うんです。たとえば、大切な人のことを無闇に否定したりしないことです。

 

 

 

要望があっても妻のわがまま程度にとどめ、本気の言い合いになりそうなことは(思っていても)言いません。
また、家の収支に問題があれば相手にアドバイスを請う形にしています。
家のために働いてくれている男性の気持ちを考え、妻らしく容姿外見にも気をつけて、女としてみて貰えるよう行動にも気をつけると、いつまでも仲の良い夫婦でいられる(浮気なんてとんでもない)ように思います。